介護職のキャリアアップ例:ケアマネジャー

ケアマネジャーの資格を取ろう

ケアマネジャーとは?

ケアマネジャーは介護支援専門員とも呼ばれ、介護を必要とする高齢者が必要な介護サービスを受けられるようにケアプランを作成しサービス事業者と調整する仕事です。

ケアマネジャーとは?

ケアマネジャーの役割:ケアプランの作成

ケアマネジャーがケアプランを作成するためには、介護サービスを受ける高齢者が抱えている問題点を明らかにし、自立した日常生活を送るために必要な支援を把握するアセスメント能力が欠かせません。アセスメントを通して「自力で歩けるようになる」「一人で食事ができるようになる」などの目標を立て、現状を確認しながら達成状況を把握していきます。
また、介護サービスを利用する際に発生する介護給付費もケアマネジャーの仕事です。事業所にきちんと介護給付費が支払われるように国民健康保険団体に必要な書類を提出するため、介護保険のプロともいわれています。

ケアマネジャーの役割:ケアプランの作成

ケアマネジャーの役割:調整役

介護サービスには、高齢者の自宅にホームヘルパーを派遣して身の回りのお世話や家事援助をする訪問介護と、デイサービスなどの日帰り施設で食事や入浴介助などをする通所介護があります。
どの事業所で介護サービスを受けるのかは高齢者の自由ですが、事業所は思っている以上にたくさんあります。数多くある事業所の中から目的に合う事業所を高齢者が自力で探すのはそう簡単なことではありません。ですが、ケアマネジャーはさまざまな事業所の情報に精通しているため、高齢者の希望通りの事業所を迅速に見つけることができます。
また、いくら希望に合う事業所といっても人と人との付き合いになるため相性の善し悪しもあるでしょう。ですが、介護してもらっている高齢者としては直接クレームはいいにくいため、思うことがあっても我慢してしまう人も少なくありません。そのようなときに、高齢者と事業所の間に入って意見を伝えたり調整したりするのもケアマネジャーの仕事です。

ケアマネジャーの役割:調整役

ケアマネジャーは枠におさまらない仕事

ケアプランの作成や高齢者と事業所の調整以外にも、生活困窮者の生活保護申請のサポートや食事に困っている人の配食手配、高齢者とご家族の中を取りもつ、高齢者に地域活動への参加を促す、などケアマネジャーの仕事は介護業務の枠におさまりきらないほど多岐に渡っています。内容も専門的なものが多いので大変だと思うこともたくさんありますが、自分のマネジメントで高齢者が自立した生活を送れるようになったときの達成感ややりがいは大きく、非常に有意義な仕事です。

ケアマネジャーは枠におさまらない仕事

ケアマネジャーになるために

ケアマネジャーになるにはいくつか条件があります。
まずは看護師や社会福祉士、介護福祉士や栄養士など特定の国家資格を保有しており、5年以上もしくは900日以上の実務経験があること、施設や事業所で5年以上もしくは900日以上の相談援助業務の実務経験があること、そして、介護職初任者研修を終了し、介護業務の実務経験が5年以上もしくは900日以上あることです。

ケアマネジャーになるために

男性介護士が重宝される理由を知りたい人へ

男性ならではの持ち味を活かして 男性ならではの持ち味を活かして

仕事内容や性別の壁などもあり、介護職は女性の仕事だと思っている人がいますが、男性介護士だからこそできる仕事もたくさんあります。ここでは男性が介護士として働くメリットをまとめていきます。

介護業界に興味がある男性へ

人手不足が深刻化な介護業界で近年需要が高まっているのが「男性介護士」です。当サイトでは、介護業界を取り巻く現状を紹介しながら男性介護士の需要が高まっている理由をまとめていきます。
※当サイトに関するお問い合わせは【こちらから】どうぞ。

介護業界に興味がある男性へ