介護職は高齢化社会に必要不可欠な仕事!

社会から求められている介護職

日本は高齢化がすすんでいる

少子高齢化が叫ばれている今、高齢者の増加が大きな問題となっています。日本は2010年をピークに人口は減少傾向ですが75歳以上は増加の一途をたどっており、2060年には人口の3分の2を高齢者が占めると予想されています。
高齢者が増えるということは必然的に介護サービスの需要も増えるということです。介護サービスには居宅サービスと施設サービスの2種類がありますが、2000年に入ってからは居宅サービスの需要が圧倒的に増え、わずか10年ほどで3倍になりました。今後も高齢者の増加が見込まれているため、今以上の人手が必要になります。財源の確保などの問題はありますが、需要が高い介護業界は期待が持てる成長産業だといえます。

日本は高齢化がすすんでいる

必要な人手は?

高齢者の増加に伴い介護職の増員も切望されていますが、具体的にはどれくらいの人手が必要なのでしょうか。厚生労働省の調査委によると、2000年度は55万人だった介護職は2012年には3倍の149万人に増加していることが分かりました。わずか10年ほどで3倍まで増員したのであれば危機感を覚えるほどではないと思うかもしれませんが、これを上回るペースで高齢者が増えているため今以上の人手の確保が必要だとされています。たとえば、団塊の世代が高齢者となる2025年度は一気に高齢者が増加するため、介護職も2012年度の1.5倍以上の237万人~249万人が必要だとされていますが、今のままのペースだと頑張っても218万人~229万人ほどにしかならず、20万人ほど足りません。

必要な人手は?

介護業界に興味がある人は歓迎される

このような状態だからこそ「介護業界に興味がある」というだけで歓迎されます。また、他の業界と違って年齢や性別、経験の有無などが問われるわけではないので採用のハードルも低めです。実際に、「介護職の経験がないから不安だったけど面接を受けたらすぐに採用してもらえた」「40代なので年齢がネックになるかと思ったが問題なかった」といった話もよく聞きます。介護業界は前向きな気持ちがあれば介護の経験がなくても年齢に不安があっても問題なく受け入れてくれる仕事なのです。
介護業界を取り巻く現状や未来の課題についてもっと詳しく知りたいのであれば【介護再編 介護職激減の危機をどう乗り越えるか】を読んでみてください。この書籍は介護業界の実態だけでなく問題点も教えてくれるので、介護に不安を抱えている人の手引きとなる一冊です。

介護業界全体だけでなく現場の細かい課題も記載されているので介護業界について詳しく知りたい人におすすめの一冊です。
介護再編 介護職激減の危機をどう乗り越えるか
介護業界に興味がある人は歓迎される

キャリアアップの道も拓けている

介護業界は働く年数によって受験資格が与えられ、公的資格や国家資格を取得できます。資格を取得することでキャリアを証明でき、仕事の幅が広がるだけでなく資格手当もつくので収入もアップします。
介護職は経験がなくても働けるため、無資格でスタートして経験を積みながら資格を取得して仕事の幅を広げ、リーダー職や管理職を目指す人も多くいます。自分の努力次第で将来が拓けていく介護職は将来性にあふれている仕事です。

キャリアアップの道も拓けている

男性介護士が重宝される理由を知りたい人へ

男性ならではの持ち味を活かして 男性ならではの持ち味を活かして

仕事内容や性別の壁などもあり、介護職は女性の仕事だと思っている人がいますが、男性介護士だからこそできる仕事もたくさんあります。ここでは男性が介護士として働くメリットをまとめていきます。

介護業界に興味がある男性へ

人手不足が深刻化な介護業界で近年需要が高まっているのが「男性介護士」です。当サイトでは、介護業界を取り巻く現状を紹介しながら男性介護士の需要が高まっている理由をまとめていきます。
※当サイトに関するお問い合わせは【こちらから】どうぞ。

介護業界に興味がある男性へ